Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 企業情報
  3. > 人工視覚の研究開発
  4. > 二デックの挑戦
  5. > これまで、そしてこれから

企業情報

これまで、そしてこれから

ゴールは失われた光を取り戻す装置を実現する。
人工視覚の実用化を目指し、日々開発に取り組んでいます。

これまで

2001年から開発を開始した人工視覚。そしてシステムを構成するそれぞれのデバイスは、何度も試作、実験、検証を繰り返し、ひとつひとつ、要素技術を積み上げながら、最終的なシステム開発を推進しています。特に、体内にインプラントする装置は、大学との共同研究を中心に、各種試験で慎重に安全性の確認を繰り返しながら開発しています。

2005年、2008年には、STS方式人工網膜システムの刺激方式の安全性と有効性を確認するため、研究開発パートナーである大阪大学医学部との協働により、手術室内で短時間の刺激をおこなう急性臨床試験が実施されました。

続いて2010年におこなわれた亜急性臨床試験では、STS方式人工網膜システムの試作機を約1ヶ月間、患者さんに使ってもらう試験をおこないました。システムを実際に使ったときに得られる視覚を評価する機能評価試験では、患者さんの眼の前に棒を提示し、見えた棒の位置や太さ、移動方向などを質問し、答えてもらいました。これらの機能評価試験で得られた多くのデータや、術後の検討結果から、STS方式による人工網膜システムの安全性、有効性を試作機レベルで確認することができました。


 

現在、そしてこれから

これまでの結果をもとに、現在はシステム装置の完成度を上げるための開発をおこなっています。次は、より長期間の臨床試験を実施し、システムの実用化にさらに一歩、大きく近づく予定です。

研究開発パートナー

人工視覚の開発は医工連携の国家プロジェクトとして2001年に発足し、現在も大阪大学医学部、奈良先端科学技術大学院大学などの研究機関との緊密なパートナーシップのもと、推進されています。

・大阪大学 眼科学教室
新しいウィンドウで開きます・大阪大学 大学院医学系研究科 感覚機能形成学教室
新しいウィンドウで開きます・奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 光機能素子科学研究室


ページの先頭へ