Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > 7月3日は「なみだの日」です

ニュース 2018年

7月3日は「なみだの日」です

2018/07/03

7月3日(火)は「なみだの日」です。

ドライアイ研究会が、目の健康と視力に大切な役割をもつ「涙(なみだ)」の重要性と正しい知識を社会に伝える啓発の日として制定されたもので、当社もドライアイ研究会の活動に協賛しております。

生活のなかでパソコン・スマートフォンなどを見る時間が増えており、目を酷使する機会が増えています。涙の大切なはたらきを知り、目にやさしい生活を送りましょう。

涙(なみだ)の役割

私たちは、嬉しいときや悲しいとき、悔しいときなど、感情が昂ったときに目から涙を流します。しかし、涙は感情によってあふれ出るものだけではありません。 目の表面には常に涙があり、潤った状態を保っておりさまざまな役割を果たしています。

1つ目は、「基礎分泌の涙」です。
これは、目の表面に常に供給され蓄えられている涙のことです。

この涙は、目の表面を乾燥から守ったり、酸素や栄養素を運んだりするはたらきがあります。
ごくわずかな量ですが、目にとってとても大切で、目の表面が必要とするビタミンやタンパク質を供給し、外から入ってきたゴミや、古くなってはがれた細胞を運び去る役割を果たします。

2つ目は、「刺激・反射性分泌の涙」です。
これは、感動したときや悲しいとき、感情によって出る涙、 タマネギの成分の刺激により出る涙、目にゴミなどが入ってしまったとき、異物を素早く洗い流して目の健康を守るために反射的に分泌されています。

参考

ドライアイ研究会HP
なみだの日HP
目のおはなし


ページの先頭へ