Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > 眼科医療分野
  4. > 診断機器
  5. > 光干渉断層計(OCT)
  6. > 光干渉断層計 RS-3000 Lite
眼科医療

光干渉断層計
RS-3000 Lite

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

光干渉断層計
  • 光干渉断層計

ワイドエリアスキャンスクリーニングOCT

特長

  • 先進の緑内障/網膜の各種診断支援ツールを搭載
  • 広範囲(9×9mm)のエリアスキャンを撮影することで、黄斑~乳頭付近の厚み情報を同時に表現可能
  • 最大53,000A-Scans/秒の高速スキャンと選択的加算平均で高速/高精細B-Scan画像を表現
  • ステップ1-2の簡単撮影
  • 眼底観察にOCTフェイズファンダスを採用しており、血管の判別が容易
  • 長眼軸長(26mm以上29mm未満)の被検眼に対応した長眼軸長正常眼データベースを搭載可能(オプション)

機能・性能

広範囲の網膜総合解析(黄斑/緑内障 同時表示)

左右1回ずつの撮影で黄斑疾患/緑内障の診断支援を目的とした有用な解析結果が得られます。


 

緑内障解析


[NFL+GCL+IPL]厚マップ

広範囲(9×9mm)で測定した厚みを正常眼データベースと比較し、解析しマップなどで表示いたします。
日常生活に影響の出やすい中心視野欠損につながる視神経線維層欠損の早期発見に有用です。

※[NFL+GCL+IPL]とは
感覚網膜3層の網膜神経線維層(NFL)、神経節細胞層(GCL)、内網状層(IPL)からなる神経節細胞複合体を表します。


 

RNFL厚マップ


乳頭辺縁のRNFL厚(網膜神経線維層厚)のカラー表示は、NFLD(神経線維束欠損)の状態や定量的な厚み解析結果を明瞭に表示し、緑内障の早期発見や経過観察に有用です。
TSNITグラフの表示が可能です。

※ 両眼同時表示もできます。


 

Mix撮影


黄斑マップ撮影のワンショットで“黄斑クロス”と“黄斑マップ”データを同時に取得します。

網膜解析

高速/高精細B-Scan画像

最大53,000A-Scans/秒の高速SD-OCT(Spectral Domain OCT)は瞬間的に膨大なデータを取得可能です。
エラー画像を自動判定し加算を行なわない選択的平均加算は、スペックルノイズを大幅に低減した高精細画像を表示可能です。(当社比)

高速スキャンにより、一度に縦横5本ずつ10枚の網膜断層像を取得可能です。病変部を逃しにくくします。


 

OCTフェイズファンダス


眼底画像にはOCT干渉信号の位相差から構築した画像を使用しており、血管の判別が容易です。


 

黄斑疾患解析[ILM~RPE/BM]厚マップ


網膜全体の厚み変化や局所的な形態変化を捉えるのに有効です。
OCTフェイズファンダス画像に網膜全層厚のカラーマップをオーバーレイで表示します。


3次元画像


広範囲(9×9mm)でも1.6秒で取得可能。黄斑を含むアーケード内全体の微細な3Dマップ表現は診断をサポートします。また、Manualによる1層を加えた最大7層のセグメンテーションが可能です。

長眼軸長正常眼データベース(オプション)

国内外で収集した『長眼軸長非疾病眼のデータ』を元に黄斑部の網膜を3次元測定し、 黄斑疾患及び緑内障の診断のために必要な網膜厚、神経節細胞複合体厚などの正常眼データベースを搭載しました。

(長眼軸長正常眼データベースの適用条件 眼軸長:26mm以上29mm未満)


正常眼データベースと長眼軸長眼正常眼データベースの内容



長眼軸長正常眼データベースの表示


チャート・カラースケールの背景色が、正常眼データベースの場合の「白色」から「うすだいだい色(ペールオレンジ)」に切り替わります。


 

前眼部解析(オプション)


隅角計測、角膜厚計測、角膜厚マップなど前眼部アダプタを取り付けることで観察/解析が可能です。

機能比較表

機種名RS-3000 LiteRS-3000 Advance
眼底観察画像OCT フェイズファンダス眼底像SLO眼底像
最大スキャンレート53,000A-Scans/秒53,000A-Scans/秒
OCT感度レギュラー、ファインレギュラー、ファイン、スーパーファイン
正常眼データベース9×9mm(黄斑)/6×6mm(乳頭)9×9mm(黄斑)/6×6mm(乳頭)
長眼軸長正常眼データベース
(オプション)
9×9mm(黄斑)9×9mm(黄斑)
OCT撮影モード(カッコ内は前眼部追加時 ※1)4種類(2種類)8種類(4種類)
最大加算枚数50枚120枚※2
Choroidal モード撮影(EDI-OCT)×
アイトレーサー×
トレーシングHD×○(ライン撮影のみ)
フォローアップ撮影×
フォローアップ解析

※1 OCTの前眼部撮影は前眼部アダプタ(オプション)が必要です。
※2 トレーシングHDでの撮影時です。

販売名 光干渉断層計 RS-3000 Lite
機器分類 管理医療機器/ 特定保守管理医療機器
番号 223AABZX00081000

関連製品

お問い合わせ

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

ページの先頭へ