Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > 眼科医療分野
  4. > 屈折矯正機器
  5. > 屈折矯正手術システム
  6. > エキシマレーザ角膜手術装置 EC-5000CXIII
眼科医療

エキシマレーザ角膜手術装置
EC-5000CXIII

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

エキシマレーザ角膜手術装置
  • エキシマレーザ角膜手術装置

高い安全性と信頼性を持つエキシマレーザ

特長

  • マルチポイントアブレーション&スーパーフレックススキャンによるカスタムアブレーションの実現
  • 遠視/遠視性乱視の矯正
  • 200kHzアイトラッキングシステムによる高速眼球追尾
  • OTE(オンライントーションエラーディテクション)により乱視矯正精度向上
  • オフセット機能により、瞳孔偏位などの症例にも対応

機能・性能

マルチポイントアブレーション&スーパーフレックススキャン

マルチポイントアブレーションは、従来のレーザ照射よりも術後の高次収差の増加を軽減させます。 この照射は、角膜不正成分を補正することが可能です。
※Final Fit使用時

またスーパーフレックススキャンにより、切除面精度が向上しています。


 

 

遠視/遠視性乱視の矯正


独自の照射アルゴリズムで2008年12月にエキシマレーザEC-5000に対して国内初となる遠視・遠視性乱視矯正の承認を取得しました。 その技術を継承し、より多くの矯正・治療を可能にします。 周辺を深く切除する照射パターンは遠視及び遠視性乱視の矯正を実現します。


 

角膜断面模式図


200kHzアイトラッキングシステム


高速画像処理CPUと独立したメカニズムを採用し、EC-5000CXIIと比較して約20%の精度が向上しています。


 

OTE:オンライントーションエラーディテクション


眼球の回旋を測定・表示します。 手術中に表示値を0に近づける事で、計画に沿った乱視成分や角膜の不正整分補正ができます。
試算では、4度の回旋で、乱視矯正度が約15%低下します。

回旋速度150症例中
≧2度70%以上
≧3度40%以上
≧4度20%以上

(当社調査)


眼球の回旋角度を検出


オフセット機能


照射中心を瞳孔中心・輝点中心(角膜頂点)またはその間の任意の位置に、設定する機能です。 瞳孔偏位 の症例などに効果が期待されます。


 
販売名 エキシマレーザ角膜手術装置 EC-5000CXIII
機器分類 高度管理医療機器/特定保守管理、設置管理医療機器
番号 21900BZX00810000

関連製品

お問い合わせ

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

ページの先頭へ