Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニデックの熱気球「プリズム号」
  3. > イベントレポート
  4. > 熱気球グランプリ第1戦 渡良瀬バルーンレース2018

ニデックの熱気球「プリズム号」

熱気球グランプリ第1戦 渡良瀬バルーンレース2018

日時 2018年4月6日(金)~4月8日(日)
開催場所 栃木県栃木市 藤岡渡良瀬運動公園

このイベントは終了いたしました。多くの皆様のご来場、誠にありがとうございました。

倉橋選手が「渡良瀬バルーンレース2018」に出場しました。


渡良瀬バルーンレース2018 18位 (参加気球数:29機)
熱気球グランプリ 暫定順位 20位(参加気球数:26機)

パイロット倉橋選手のコメント

〔大会に参戦して、振り返り、今後の課題等〕
今回は、今年度に世界選手権がおこなわれるということで、日本では初めてFAI/CIAロガーを使用したタスクが実施されました。不安定な天候ではありましたが3フライトでき、課題としての3D設定でのアプローチなど、ロガータスクの練習をすることができました。しかし、大会初日から2日目と色々とミスが重なり、3日目の午前は3Dでの設定でしたが、宣言した高度に合わせると角度がずれてしまう為上手く調整ができませんでした。ロガータスクではPDGやFONの時に高度を宣言することも多くある為、アプローチがより難しくなります。熱気球グランプリ第2戦の佐久大会はロガータスクではありませんが、今回のミスや課題を含め修正し結果につなげたいと思います。
〔その他大会概要〕
栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがる国内最大の渡良瀬遊水地にある運動公園を拠点におこなわれる大会です。広大なヨシ原は四季折々に景色が変わり、熱気球だけでなくスカイダイビング等スカイスポーツ愛好家が一年通して盛んに活動しているエリアです。
渡良瀬バルーンレースは熱気球グランプリの第1戦として毎年4月初旬におこなわれています。今回は桜の時期は終わり、さらに強風の為バーナーバージョンとなった夜間係留ではありましたが、多くの観客が花火とのコラボレーションを楽しんでいました。
初日から不安定な天候ではありましたが、最終日には早朝にも関らずたくさんのお客様が訪れており、運動公園からの一斉離陸を見ていただくことができました。また、大会期間中に朝ごはんとしていただく、地域の方の手作りおにぎりやお味噌汁がとても美味しかったです。どの大会も多くのボランティアの方々に支えられていることに感謝しております。


 

 

ページの先頭へ