Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニデックの熱気球「プリズム号」
  3. > イベントレポート
  4. > 熱気球グランプリ最終戦 鈴鹿バルーンフェスティバル2018

ニデックの熱気球「プリズム号」

熱気球グランプリ最終戦 鈴鹿バルーンフェスティバル2018

日時 2018年11月23日(金)~11月25日(日)
開催場所 三重県鈴鹿市 鈴鹿川河川緑地/鈴鹿サーキット

このイベントは終了いたしました。多くの皆様のご来場、誠にありがとうございました。

倉橋選手が「鈴鹿バルーンフェスティバル2018」に出場しました。

鈴鹿バルーンフェスティバル2018 12位 (参加気球数:26機)
熱気球グランプリ2018総合 16位 (参加気球数:26機)

パイロット倉橋選手のコメント

 初日は風が強く午前午後ともキャンセルとなりました。
2日目午前は、5タスク実施、穏やかな日和ではありましたが、各パイロットが離陸地を探し、さらに離陸前に2つゴールを宣言しなければならず、時間に余裕のない離陸となりました。とにかく時間制限内に各ゴール全てにたどりつくことを第一に考えてのフライトになったのでアプローチに時間をかけられませんでした。しかし、他にも時間が足りなかったパイロットが多かったこともあり初日終わって7位。
 最終日も穏やかな日和で4タスク実施。前日の反省を生かせず離陸地探しに再び時間をかけてしまい、全てのタスクが制限時間ギリギリだったり間に合わなかったりで通過するのが精一杯の状態となってしまいアプローチが上手くいかず順位を落としました。
 2018熱気球グランプリの一年を簡単に振り返りますと、一桁の入賞は佐久バルーンフェスティバルの1回でした。年々出場選手のレベルが高くなる中で、平均的に結果を出すのは厳しい状況となっていますが日頃から緊張感を持って練習することが大切だと感じました。

その他大会概要

 鈴鹿エリアは、北に鈴鹿山脈、東に伊勢湾が見え、会場となる鈴鹿川河川緑地のすぐ南側に市街地が広くあり、風によっては市街地や更にサーキットの上空を越えるという緊張感たっぷりのフライトが楽しめます。また、南は広く津市に至ります。今年は鈴鹿川の河川敷会場では、鈴鹿市所有のベルディ3号(新気球)や、ホンダのアシモ、たこやハートやパンダの形状のシェイプ気球が立上げや係留をおこない、多くのお客さまに楽しんでいただけました。その他鈴鹿サーキット内でも熱気球教室など、家族連れ等楽しめるイベントが毎年たくさん用意されています。
 バルーンイリュージョンは鈴鹿サーキットのコース上に熱気球が並ぶという他の大会にはない設定で、メインスタンドから多くのお客様に見ていただけるようになっています。
競技以外にも色々盛りだくさんの大会となっていますので、是非一度起こしください。


 

 

ページの先頭へ