Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 眼鏡店レイアウトモデル
  3. > 導入・キャッチエリア

眼鏡店レイアウトモデル

導入・キャッチエリア

「視力をチェックしたいけど、お店の人に頼むのも・・・」「一緒に付いて来たけど、待っている間に自分もチェックしたいな・・」眼鏡店を訪れる方の思いは様々です。お店にお越しになられたお客様に、より詳しい視力チェックに導入するための「きっかけ作り」のエリアです。ショッピングセンターや通りに面したお店では、店舗に立ち寄るきっかけを作ります。

製品イメージをクリックすると詳細がご覧いただけます。

自動視力計 自動視力計

1お客様が覗くだけで、自動的に視力チェックがスタート!お店の方を気にせず、自分で視力をチェック。見えない場合はお客様自身がメガネの必要性を認識します。お店の方には「お知らせランプ」が内緒でお知らせ。遠方視・近方視ともチェックできるので、累進メガネの早期装用の啓蒙にも繋がります。

オートレフラクトメータ オートレフラクトメータ

「見え方比較機能」搭載で、現在の見え方(裸眼、または現在の眼鏡度数での見え方)と眼鏡で矯正した見え方をボタン一つで切り替え。完全矯正値により、乱視の方にも度数による見え方の違いや近業距離による見え方の違いもご体験&ご理解いただけるため、メガネ購入へのステップとなります。遠用・近用ともチェックOK!累進メガネの早期装用促進にも説得力充分です。
※現在の眼鏡度数との比較には、当社レンズメーターとの接続が必要です。

オートレンズメーター オートレンズメーター

オートレフラクトメータと接続することで、「見え方比較機能」をさらに活用!現在の眼鏡度数での見え方と矯正視力を比較することで、新たな眼鏡の必要性を訴えることができます。


ページの先頭へ