Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > 使いやすさを追求した白内障・硝子体手術装置 Fortas™(フォルタス)を発売

ニュース 2009年

使いやすさを追求した白内障・硝子体手術装置 Fortas™(フォルタス)を発売

2009/04/27

当社は、白内障・硝子体手術装置の使いやすさを追求し、現行機種より大幅に 改良を行った眼科用新型手術装置 Fortas™を発売いたします。

Fortas


発売日:平成21年5月1日(金)
機器分類:高度管理医療機器/特定保守管理
販売名:白内障・硝子体手術装置 CV−30000
承認番号:22100BZX00109000
Fortas™は白内障・硝子体手術装置 CV−30000のペットネームです。

当社は、白内障手術、硝子体手術装置を日本国内で唯一開発・製造・販売している メーカーです。白内障に加え、硝子体手術も一台で施術できる本装置は、 今回の新型で3世代目となります。現行機種に次のような改良を加えたFortasTMは、 使いやすさ向上と、効率化を実現しました。

主な改良点

<白内障手術>

  • 超音波発振方式に、新しくVIS(発振の振幅と周波数が異なる2つのパルスを同時に出力する)機能を搭載し、水晶体の乳化効率向上が可能。
  • 超音波発振と吸引の自動制御による手術のリスク低減。

<硝子体手術>

  • 従来装置より高速駆動する硝子体カッターにより、 デリケートな網膜付近の微細な処理が可能(2500→3000カット毎分)。
  • 吸引圧、吸引流量、硝子体カッター、駆動速度の3つのパラメータ を同時に術者がコントロールすることが可能で、操作性と効率性を向上。

硝子体手術での比較


<その他>

  • ・操作性の高い15インチ液晶タッチパネルを採用。 画面表示に従いセットアップできるナビモードを搭載し、使いやすさを向上。

補足説明

<白内障手術とは>

加齢などで水晶体が濁り、視力が低下する病気です。 白内障で硬くなった水晶体を取り除くため、超音波発振する直径約1.0mmの 超音波チップを用いて、水晶体を乳化し、吸引します。

<硝子体手術とは>

糖尿病網膜症に代表される網膜の病気を治療するため、 眼球の硝子体という組織を硝子体カッターで切除しながら、 病変部位を外科的治療する手術です。

白内障手術と硝子体手術


ページの先頭へ