Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > 充実した機能で精度の高い視力検査をおこなう液晶視力表 SC-1600Pola/1600を発売

ニュース 2011年

充実した機能で精度の高い視力検査をおこなう液晶視力表 SC-1600Pola/1600を発売

2011/01/28

液晶視力表 SC-1600Pola/1600

液晶視力表 SC-1600Pola/1600

当社は、2月1日(火)から、液晶視力表 SC-1600Pola/1600を発売いたします。当社の液晶視力表としては、3代目の機種となります。

販売名:SC-1600Pola/1600
発売日:2011年2月1日(火)
機器分類:一般医療機器
承認番号:23B1X00023000134

液晶視力表は、眼科などの医療機関や眼鏡店で使用され、液晶ディスプレイに表示された視標を見せながら視力を測るものです。

新製品のSC-1600 Pola /1600は、17インチSXGAの大型ディスプレイと当社独自の画像処理技術を採用し、0.04〜2.00までの視標を表示させることができます。また、視力表本体のデザインも改良し、ディスプレイの上下左右に十分なスペースを設けることにより、融像刺激*1を抑えた精細な測定が可能となりました。
さらに、豊富な視力チャートを内蔵し、コントラストテスト機能を搭載するなど、様々な検査に対応できます。また、SC-1600Polaでは、偏光チャートによる両眼視機能検査をおこなうことも可能で、機能面も充実されました。

当社はこれからも、皆様の"見える喜び"をサポートできるよう、積極的な製品開発を続けてまいります。

<液晶視力表の特徴>

・多彩な表示機能

17インチSXGAの大型液晶ディスプレイと当社独自の画像処理技術を採用しており、 0.04〜2.00の視標を表示することが可能です。
視標は、"センター表示機能"により、常にディスプレイの中央に表示されます。また、視標をランダムに表示させる機能も搭載しており、表示位置による見え方の問題や、視標を記憶してしまうことによって測定が不正確になることを防ぎます。

・偏光チャートでの両眼視機能検査(SC-1600Polaのみ)

目に斜位*2などの異常があると、3D画像が立体的に見えないことがあります。偏光チャートを使った両眼視検査では、両目のバランスが取れているか、立体視できるかどうかを調べられるので、症状を矯正する眼鏡の処方に役立ちます。

・コントラストテスト機能搭載

すべての視力チャートにおいてコントラストテストが可能ですので、白内障の方の検査や、サングラスの説明などに活用することもできます。

お子さま向けの視標

お子さま向けの視標

・豊富な視力チャート

当社の液晶視力表には、ランドルト環だけでなく、絵や文字、数字などの視標が搭載されているため、お子さまや外国の方も安心して検査を受けられます。

・測定手順のプログラム化

検査手順をプログラム化して記憶させることができるため、検査のスピードが上がります。

・メンテナンスフリー

長寿命のバックライトLCDを採用しており、メンテナンスがほぼ不要になります。

・スライド機能

視力表として使用しない時間には、風景画を映したり、眼科や眼鏡店の案内を表示させたりすることができます。

*1) 融像刺激:検査の際、視標以外に見えたものが原因で検査結果に影響を及ぼすこと。眼は、左右で同じもの・色・形を見たとき、それを脳で一つの像にする(=融像)。融像を妨げないような検査環境が推奨されており、当社のSC-1600Pola/1600は、JIS規格T7309-7.1.5項の試験領域の規格を満たしている。

*2) 斜位:片方の目を隠したとき、もう片方の目がずれてしまう症状で、両目でものを見るときは、目の位置を直している。常に目が緊張した状態になるため、眼精疲労の一因といわれている。


ページの先頭へ