Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > 白内障手術装置Fortas Cubeを発売高い基本性能を維持し、操作性を向上

ニュース 2012年

白内障手術装置Fortas Cubeを発売高い基本性能を維持し、操作性を向上

2012/05/01

Fortas Cube

当社は、白内障手術(*1)をおこなう高性能コンパクトモデル、眼科手術装置「Fortas Cube(フォルタス キューブ)」を5月1日(火)に発売します。

販売名:眼科手術装置 CV-9000
発売日:2012年5月1日(火)
機器分類:高度管理医療機器/特定保守管理医療機器
承認番号:22400BZX00103000
(Fortas Cubeは、眼科手術装置 CV-9000のペットネームです。)

製品特徴

Fortas Cubeは、当社の上位機種が持つ高い基本性能を維持しながら、サイズをコンパクトにし、操作性を向上させました。 今後の市場拡大が見込まれる新興国での普及を視野に入れ、市場の要求を踏まえた製品構成にしています。

<基本性能の向上>

・水晶体の吸引は、眼内の圧力を一定に保つために眼内灌流液(がんないかんりゅうえき)という液体を注入しながらおこなわれます。 Fortas Cubeには、上位機種と同様に、吸引中の圧力変化に対応して、灌流量をコントロールする機構が組み込まれているため、吸引時の安定性が高まり、手術のリスクを低減します。

・装置はコンパクト化し、操作画面は眼科医の意見を反映させて、シンプルで使いやすい操作を可能にしました。

<オプションの追加で多機能モデルに>

・より効率的な手術をおこなうために、オプションとして、水晶体の吸引・破砕をより安全・効率的におこなう機能や、使いやすい多機能フットペダルを準備しています。

当社は、今後もお客様の多様なニーズにお応えするよう努めてまいります。

白内障手術 (*1)白内障手術について
白内障は、加齢などにより、カメラで言うとレンズに相当する“水晶体”が濁ってしまい、良好な視界を得られなくなる疾患です。 白内障手術では、黒目のふちをわずかに切開し、“チップ”とよばれる器具の先端を眼内に入れ、濁った水晶体を超音波振動で乳化させます。 乳化して砕かれた水晶体は、水晶体をつつんでいる膜(嚢)の中から吸引して取り除きます。 水晶体の替わりとなる眼内レンズは、小さく折りたたんで、“インジェクター”という挿入器具を用いて、眼の切り込みから水晶体嚢の中に入れられます。 手術は、国内で年間およそ120万眼がおこなわれています。


ページの先頭へ