Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > 東レの角膜矯正用コンタクトレンズ ブレスオーコレクト®を販売開始−就寝中に装用して脱着後の裸眼視力を改善!これからは、昼間は裸眼で快適な生活を−

ニュース 2012年

東レの角膜矯正用コンタクトレンズ ブレスオーコレクト®を販売開始−就寝中に装用して脱着後の裸眼視力を改善!これからは、昼間は裸眼で快適な生活を−

2012/07/02

当社は、東レ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:日覺昭廣、以下「東レ」)と、角膜矯正用コンタクトレンズブレスオーコレクト®(*1)の販売契約を締結し、 7月2日から販売を開始します。東レとの販売契約は、流涙症治療用の医療機器に続き、2商品目です。 当社は、眼科医療の総合メーカーとして、今後もラインアップの拡充により、眼科業界にさらに貢献してまいります。

ブレスオーコレクト®は、当社、総販売元の東レ株式会社、製造販売元の株式会社ユニバーサルビュー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木太郎)の3社で販売をおこない、 販売計画としては初年度10億円を設定しました。 屈折矯正機器の開発・販売における当社の長年の経験を活かし、国内の開業医から大学までの幅広い施設へ導入を提案し、角膜矯正用コンタクトレンズにおける業界のスタンダードを目指します。

製品情報

角膜矯正用コンタクトレンズは、オルソケラトロジー(*2)と呼ばれる眼の屈折異常の治療に用いられます。 近視および近視性乱視の方が就寝中に装用し、レンズ内面の特殊なカーブにより角膜の表面形状をフラット化させて矯正し、レンズを外した後の裸眼視力を改善させるものです。 変化させた角膜形状は一定時間維持されるため、日中を裸眼で過ごせるようになります。
ブレスオーコレクト®は、東レの先端素材を使い、優れたレンズデザインのノウハウをもつユニバーサルビュー社のデザインを採用した商品です。 レンズはしなやかで割れにくく、高い酸素透過率をもつ素材でできているため、角膜にやさしく快適に装用することができます。 また、日本人に多い角膜の形状に処方しやすい内面カーブを設計し、日本人の角膜形状に適したレンズデザインを実現しました。

ブレスオーコレクトレンズイメージ

販売名:ブレスオーコレクト®
発売日:2012年7月2日(月)
製造販売元:株式会社ユニバーサルビュー
総販売元:東レ株式会社
機器分類:高度管理医療機器
承認番号:22400BZX00094000

ブレスオーコレクト®による角膜屈折矯正の仕組み

レンズ装着前 レンズ装着中 レンズ取り外し後

1. レンズ装着前
近視の状態では、目に入った光は網膜の手前で焦点を結ぶため、物がぼやけて見える。

2. レンズ装用中
就寝時にレンズを装用することにより、レンズ内面の特殊な形状が角膜の形状を平らに変化させる。これにより、焦点が網膜上で結ばれ、物がはっきり見える。

3. レンズ取り外し後
レンズを外しても、変化した角膜形状は一定時間保たれるため、日中の裸眼視力が改善、維持される。

東レ 企業概要

東レ株式会社
所在地:東京都中央区日本橋室町2-1-1
代表者:代表取締役社長 日覺昭廣
事業内容:繊維、プラスチック・ケミカル、情報通信材料・機器、炭素繊維複合材料、環境・エンジニアリング、ライフサイエンス等の事業における製品の製造及び販売
URL:http://www.toray.co.jp/

(*1)ブレスオーコレクトは、東レ株式会社の登録商標です。

(*2)オルソケラトロジー治療とは、近視および近視性乱視の方が就寝時にレンズを装用することで、 角膜形状を変化させ、取り外し後の裸眼視力を改善させる治療法です。 オルソケラトロジー治療の原理は、1960年代にアメリカのシカゴで発表されました。 日本では、2000年頃から一部の医師により、輸入されたレンズを用いて治療がおこなわれていましたが、 レンズ素材の酸素透過度や耐久性、日本人に多い角膜形状に適したレンズデザインの開発などの課題から、普及には至っていませんでした。


ページの先頭へ