Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > オートレフケラトメータのハンドヘルドタイプ「HandyRef-K」を発売

ニュース 2015年

オートレフケラトメータのハンドヘルドタイプ「HandyRef-K」を発売

2015/03/24

 当社は、3月24日、屈折度測定・角膜曲率半径測定装置のハンドヘルドタイプとなる 「ハンドヘルドレフケラトメーター/ハンドヘルドレフラクトメーター HandyRef-K/HandyRef(読み:ハンディレフケイ/ハンディレフ)」を発売しました。


    販売名: ハンドヘルドレフケラトメーター HandyRef-K
         ハンドヘルドレフラクトメーター HandyRef
    発売日: 2015年3月24日
    機器分類: 一般医療機器
    届出番号: 23B1X00023000166(HandyRef-K)
          23B1X00023000165(HandyRef)


 

 現在、眼科診療では、屈折度測定が必須とされ、また自宅や介護施設といった検査室外でも同様に屈折度測定が必要とされています。新製品の「HandyRef-K/HandyRef」は、 従来の液晶ディスプレイ方式を継承しつつ、軽量かつコンパクトな手持型の装置です。持ち運びが容易で、簡単に使用できることから、様々なシーンで測定することが可能です。 また、据置き型の装置では顔を乗せることが難しい小児においても手持型の当機であれば、比較的容易に測定可能です。
 さらに、小児測定をサポートするため、測定部からメロディが流れる、 花の絵の固視チャートが選択できるといった機能も組み込まれています。これらの機能によって、小児に興味を持たせ、固視(*1)を誘導できるため、当社従来機よりも小児の測定をスムーズにおこなうことが可能となりました。今後、ハンドヘルド商品のラインアップを充実させ、さらに販路を拡大することも期待しています。 
*1:視点を1点に集め、同じ所を見続けることをいいます。

特長詳細

「HandyRef-K/HandyRef」は、軽量かつコンパクトな装置で、眼の屈折度測定、角膜曲率半径の測定を可能にします。(*2)
*2:HandyRefは、角膜曲率半径測定の機能を省略したモデルになります。

<様々なシーンで運用が可能>

 従来の液晶ディスプレイ方式を継承しつつ、小型・軽量化を実現しました。バッテリーを含めても1kg未満のため、持ち運びが容易で簡単に使用できることから、 今後ますます需要が高まると見込まれている在宅医療、介護といったシーンや、据置き型では測定不能な仰臥位(*3)の患者の測定にも適用することができます。
 また、オプションのポータブルスタンドを使用することで据置き型としても利用できるため、集団検診先で活用するといった、より広い用途での運用が可能となります。 測定データは、装置のメモリに50名分(100眼)の保存ができ、充電ステーションに搭載されているプリンタにより、任意でプリントすることが可能です。(通信機能(*4)によりお持ちのPCへの転送が可能です)
*3:上を向いて寝た姿のことをいいます。
*4: 有線LAN、無線LAN、USB接続で、PCへのデータ転送が可能です。

<スムーズな小児測定をサポート>

 小児の測定は、大人と異なり集中力が持続しないため、測定がしづらいという現場の声があります。当装置は、メロディを流すことで小児の興味を引き、固視チャートに従来の 「気球のチャート」とは異なる「フラワーチャート」が購入時に選択できるようになりました。(*5)小児にとって理解しやすいものを採用することで、小児の固視を誘導します。
*5: チャート図の切り替えは不可です。


 

<充実した測定モード>

 当社の据置きタイプと同じ測定原理が採用され、「シンクロ測定機能」が搭載されました。この測定機能によって、測定の条件が整った瞬間のデータを取得するため、 測定速度と測定精度の向上を実現しました。また、眼底反射光を利用した徹照像撮影機能が追加され、水晶体の徹照像の撮影が可能となりました。 こちらの撮影機能では、水晶体の混濁の様子を観察でき、医師の診断をサポートします。


ページの先頭へ