Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > ニュース・イベント
  3. > ニュース
  4. > 眼科用ヤグレーザ手術装置「YC-200 S plus」、「YC-200」を発売

ニュース 2019年

眼科用ヤグレーザ手術装置「YC-200 S plus」、「YC-200」を発売

2019/05/07

当社は、眼科用ヤグレーザ手術装置の最新機種となる「YC-200 S plus」、「YC-200」を発売いたします。

商品名眼科用ヤグレーザ手術装置 YC-200
発売日2019年5月7日
製品分類高度管理医療機器/特定保守管理、設置管理医療機器
承認番号23100BZX00035000

 

 眼科用ヤグレーザ手術装置は、主に後発白内障(*1) の治療や、緑内障の治療に用いられる装置です。
 YC-200 では集光性の高い光学特性を持つレーザを搭載することで空中プラズマ閾値1.6mJ 以下を実現し(*2)、少ないエネルギーでの照射が可能です。加えて、弊社従来機と同様エイミング光に対してフォーカス位置の移動を1,000μm(後房側500μm ~前房側500μm)の広い範囲での設定ができるため、さまざまな症例への対応が可能です。
 YC-200 S plus では上記機能に加えてSLT と呼ばれる開放隅角緑内障の治療に用いられる、線維柱帯への低侵襲でのレーザ照射機能を搭載しています。SLT 治療は照射痕が残らないため、照射の進行状況や結果を表示し術者
をサポートするSLT-NAVI 機能を搭載するなど、術者にとって使いやすい装置を目指しました。

*1白内障手術後に発生する水晶体後嚢の混濁
*2最適環境下に限る


ページの先頭へ