Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > 健診/メディカルスキンケア分野
  4. > 健診
  5. > 眼底カメラ
  6. > オート無散瞳眼底カメラ AFC-330
健診

オート無散瞳眼底カメラ
AFC-330

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

オート無散瞳眼底カメラ
  • オート無散瞳眼底カメラ

特定健診の眼底検査、内科での生活習慣病管理に

特長

  • 3Dオートトラッキングやオートフォーカスなど、「5つのオート」で簡単撮影
  • 低光量フラッシュにより縮瞳を抑えることができ、連続撮影が可能
  • 撮影時のシャッター音を低減させ、不要なまばたきを抑えることが可能
  • パソコンを内蔵したオールインワン設計で省スペース化
  • LAN/USBインターフェイスを装備し、さまざまな運用シーンに対応

機能・性能

「5つのオート」で簡単撮影



3Dオートトラッキング→オートフォーカス→前眼/眼底オート切り換え→オートショット→オートプリント&エクスポート
※マニュアル測定も可能

多彩な機能で高画質撮影をアシスト

低光量フラッシュ

従来モデルのAFC-230/210と比較し、低光量(マイナス40%)で同等の撮影が可能です。 また、低光量撮影モードの使用で、光量をさらに半減させることができます。
これらにより縮瞳を抑えることができ、健診などにおける連続撮影に適しています。


 

シャッター音低減

従来モデルのAFC-230/210と比較し、撮影時のシャッター音を50%カットしました。 不要なまばたきを減少させることで、撮影の失敗を減らし被検者の負担を軽減させます。


 

小瞳孔撮影モード

瞳孔計Φ3.3mm(従来モデルのAFC-230/210はΦ3.7mm)の撮影が可能になりました。


 



検査アシスト


前眼部観察サブ画面に表示され、必要な瞳孔径をリアルタイムで確認しながら撮影が可能です。
マニュアルフォーカス使用時にデジタルのスプリットインジケータでフォーカスをサポートします。


 



オールインワン & 省スペース


スリムなボディにWindows PCユニットと1,200万画素の高画質カメラをひとつに融合しました。 従来モデルのAFC-230/210と比較し、50%省スペース化を実現しています。


 

チルト付き大型8.4インチタッチパネル搭載カラー液晶モニター

タッチパネルで、患者情報(患者名・IDなど)を登録可能です。チルト機構を使用すれば立って測定する場合でもモニターが見やすく、操作が容易です。また撮影後の眼底画像も確認可能です。


 


さまざまな運用シーンに対応


ダイレクトプリント運用



USBメモリ運用



LAN接続運用(外部接続機器との通信機能)


 

販売名 オート無散瞳眼底カメラ AFC-330
機器分類 管理医療機器/特定保守管理医療機器
番号 223AABZX00104000

関連製品

お問い合わせ

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

ページの先頭へ