Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > コーティング分野
  4. > 機能性製品関連
  5. > ハードコート剤
  6. > 成形可能なハードコート剤 Preveil EM01MI
コーティング

成形可能なハードコート剤
Preveil EM01MI

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

成形可能なハードコート剤
  • 成形可能なハードコート剤
  • 成形可能なハードコート剤
  • 成形可能なハードコート剤
  • 成形可能なハードコート剤

成形可能なハードコート剤

特長

  • 真空成形、圧空成形でハードコートのフォーミングが可能
  • アフターキュアタイプで伸び率150%以上
  • UV硬化後、高い耐擦傷性、優れた透明性のハードコートが可能
  • 塗工後、乾燥のみで表面がタックフリー化

機能・性能

特性

項目試験方法・条件結果
透過率JIS K7361-1 (ヘイズメーター「日本電色工業製NDH5000」にて測定)91.7%
ヘイズJIS K7136 (ヘイズメーター「日本電色工業製NDH5000」にて測定)0.8%
密着性クロスハッチセロハンテープ剥離法 (3回)異常なし
鉛筆硬度JIS K5600-5-4 (荷重750 g)4H
擦傷性スチールウール#0000, 1.5 ㎏荷重 200往復キズなし
接触角θ/2法による(ニック製LSE-B100)105°(水)
耐ニュートロジーナ性2g / 100 cm², 80℃, 4 h異常なし
伸び率未硬化状態で真空成形後測定150%以上
耐熱性80℃ 1000 h異常なし
耐湿熱性60℃, 90%RH, 1000 h 異常なし
85℃, 85%RH, 1000 h異常なし
耐光性スーパーキセノン BP=63℃, 1000 h異常なし
ヒートショック試験-40℃, 1 h ⇔ 85℃, 1 h × 100回異常なし

使用基材: アクリル基材(厚さ 3 mm)
塗工方法:バーコーター、膜厚約7 μm(未延伸部分)
硬化条件:高圧水銀ランプ 80 W/cm、積算光量 900 mJ/cm²
※特性は延伸前の参考値であり、保証値ではありません

液性状

項目性状
外観乳白色液体
固形分約27 - 28%
主溶剤MIBK (Methyl isobutyl ketone),  IPA (Isopropyl alcohol), 酢酸エステル類 (Acetic esters)
粘度(25℃)3 - 10 mPa・s
安定性室温6ヶ月粘度変化なし

※液性状は参考値であり、保証値ではありません

塗工・成形手順

成形事例

真空成形
PMMA 厚さ3 mm


高圧圧空成形
PMMA/PC 二層 厚さ0.65 mm


各種フィルムに塗工することでフィルムインサート成形に検討可能

関連製品

お問い合わせ

詳細資料ダウンロード

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

ページの先頭へ