Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > コーティング分野
  4. > 機能性製品関連
  5. > 表面増強ラマン散乱(SERS)測定用基板
  6. > SERS測定用 Auナノロッドアレイ基板 Wavelet
コーティング

SERS測定用 Auナノロッドアレイ基板
Wavelet

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

SERS測定用 Auナノロッドアレイ基板
  • SERS測定用 Auナノロッドアレイ基板
  • SERS測定用 Auナノロッドアレイ基板

ラマン散乱光の検出力を増強する基板

特長

  • ラマン散乱光が微弱で検出が難しい物質の検出力を増強するAuナノロッドアレイ基板
  • 水溶液や有機溶媒中でも測定が可能です。

機能・性能

Auナノロッドアレイ基板詳細

当社が開発したSERS測定用Auナノロッドアレイ基板は、エッチングやリソグラフィーなどの高価なプロセスを使用せずに 高い再現性が得られる、動的斜め蒸着法により作成しています。

作製された表面は、強い異方性を持った扁長ナノ粒子構造となり、 このAu扁長ナノ粒子を場としたプラズマ共鳴の効果により、吸着した粒子のラマン散乱が増強されます。



測定方法 既存のラマンシステムで使用が可能



ラマン散乱とSERSのイメージ比較

SERS測定結果 Waveletによる増強例

測定試料: 4,4’-ビピリジン水溶液(wet) 100μM
測定装置: HORIBA JOBIN YVON LabRAM1B
測定波長: 785 nm


Wavelet上とガラス上のスペクトル比較

SERSに適した表面形態


 

連続2方向斜め蒸着法によって形成したSiO2雛形層のSEM像と各薬品の蒸着方向


資料提供:京都大学大学院 鈴木基史教授

製品仕様

チップサイズ3.0×4.0、5.0×7.0 mm
プレート式スライドガラスに搭載
製品外形寸法:76×26 mm
チップ搭載数量 1チップ、3チップ、5チップ
チップ式チップ単体(専用ケースにての販売)
1ケースチップ数 1チップ~24チップにてご提供

販売価格

プレート式

数量3.0×4.0 mm5.0×7.0 mm
1チップ / 1プレート\6,600\11,000
3チップ / 1プレート\18,480\29,700
5チップ / 1プレート\28,600ラインアップなし

チップ式

数量3.0×4.0 mm5.0×7.0 mm
1チップ\5,500\9,680

専用ケース(1~24)チップ \2,750
送料: ご注文金額が\11,000未満の場合、一律\1,650
※表示価格は全て税込となります

製品例


プレート式(5チップ)

チップ式(専用ケース入り)

お問い合わせ

詳細資料ダウンロード

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

ページの先頭へ