Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > 眼科医療分野
  4. > 検査機器
  5. > 屈折度測定装置/角膜曲率半径測定装置/眼圧測定装置
  6. > オートレフケラト/トノメータ TONOREF® II
眼科医療

オートレフケラト/トノメータ
TONOREF® II

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

オートレフケラト/トノメータ
  • オートレフケラト/トノメータ

3つの主要な測定機能を1つの装置に搭載
患者様、検者様にさらなる快適な検査を提供

特長

  • 測定機能の集約により、装置間の移動をなくし、スピーディーな測定や省スペース化を実現
  • 「ピューピルゾーン測定方式」による自覚値に近いレフ測定が可能
  • 測定光源にSLD(Super Luminescent Diode)を採用し、白内障やIOL挿入眼のレフ測定が容易
  • 患者様に優しいエアー吐出
  • 3Dオートトラッキング&オート測定により精度の高いデータ取得が可能
  • 立って開瞼しながらの測定でもモニターが見やすいモニターチルト機構

※この製品は製造販売を終了しております。

オートレフケラト/トノメータの製品情報は、以下のリンク先をご確認ください。
オートレフケラト/トノ/パキメータ TONOREF® lll

機能・性能

レフ測定

ピューピルゾーン測定方式

瞳孔内最大でΦ4.0mmゾーンのデータを取得します。 瞳孔領域を通過する光を広範囲で測定することで、より自覚値に近い高精度な測定データを得ることができます。 またΦ2.0mmの小瞳孔でも測定可能です。


 

SLD光源/超高感度CCDカメラ採用


SLD(Super Luminescent Diode)を採用することで、従来のLED光源より、シャープな測定リング像を得られるようになりました。
超高感度CCDカメラを採用することで、測定光の眼底からの反射が少ない場合でも、検出能力が大幅に向上しました。
SLD光源と超高感度CCDカメラを合わせることにより、白内障など中間透光体に混濁のある患者様でも 高精度な測定データを得ることができます。


眼圧測定


自動吐出圧制御:Advanced-APC(Automatic Puff Control )機能

進化した空気圧自動停止機能により、余分なエアーを抑え、初回の吐出圧を低減させました。
また、2回目以降は初回の測定結果から、より適切な吐出圧制御をおこないます。


 

消音化機能


測定精度を維持しながら吐出音を小さくする独自の制御機能を搭載しました。

操作性

切り替え方式

レフケラと眼圧測定の切り替え方式を変更し、患者様に圧迫感を与えない機構を採用しました。
切り替え時間はわずか6秒です。※High Speed設定時


 

3Dオートトラッキング&オート測定


上下・左右・前後方向で自動追尾し、より適した位置で自動測定を開始します。


イージーローディング&オートカッター


簡単でスピーディーなプリンター用紙交換が可能です。

検査データをNAVISへ転送

医療情報システムNAVIS-AZU、診療所向け電子カルテシステムNAVIS-CLへのデータ転送が可能です。
(他社電子カルテ、ファイリングソフトへのデータ転送については、弊社担当者へご確認ください)

販売名 オートレフケラト/トノメータ TONOREF II
機器分類 管理医療機器
番号 22000BZX00176000

関連製品

お問い合わせ

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

ページの先頭へ