Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 一般の皆さまへ
  3. > ニデックのご紹介
  4. > 「学ぶ」ニデック
  5. > 眼を治す

ニデックのご紹介

眼を治す

診断の結果、必要に応じた治療がおこなわれます。病気の進行を止めたり、病変部分を取り除いたりします。

白内障を治す


 

手術で、にごった水晶体を超音波で砕いて取り除き、人口のレンズを入れます。

網膜疾患を治す


 

網膜に穴があいたり、はがれたりすると、ものが見えづらくなり、失明することもあります。網膜がはがれないように固定します。

視力を矯正する


 

目の表面をレーザで削り、網膜にピントが合うようにします。術式の一つとして、LASIK(レーシック)が知られています。

白内障を治す

眼の中にある調節レンズである「水晶体(すいしょうたい)」がにごる病気を「白内障(はくないしょう)」といいます。 ものがかすんだり、二重に見えたり、まぶしく見えたりし、さらに進行すると視力が低下します。原因はさまざまですが、 主な原因は加齢です。手術では、1.水晶体をとりのぞき、2.新しい人工のレンズを入れます。

1.にごった水晶体を取り除く

黒目のふちを少し切り手術機器の先端を入れ、超音波を出して水晶体を砕き、取り除きます。

2.新しい人工のレンズを入れる

レンズは小さく折りたたんで、黒目のふちの切り込みから眼の中に入れます。レンズの折りたたみが小さくなれば、 黒目を切る幅も小さくてすみます。そこで、やわらかい素材のレンズが開発されています。 他にも紫外線をカットするなどさまざまなレンズがあります。


 

白内障手術のほか、硝子体手術も 1台でできる機種があります。


 

眼の中に入れる人工のレンズである「眼内レンズ」。 黄色のレンズは紫外線をカットし、 眼の負担をやわらげます。


網膜疾患を治す


眼の奥にある「網膜」は、光を絵にする役割があります。網膜に障害があると、ものが見えづらくなり、失明することも あります。

■ 穴をふさぐ・網膜を固定する

目の奥にある網膜に穴があいたり、層の途中からはがれてしまうこと(網膜剥離:もうまくはくり)があります。 これは、眼の中にある硝子体(しょうしたい)が収縮することで網膜がひっぱられてはがれたり、網膜にあな(裂孔:れっこう)ができ、 そこから液化した硝子体が入りはがれていくことがあります。
そこで、網膜の穴をふさいだり、はがれた網膜を元の位置に固定するため、レーザを使って熱で固定します。網膜をひっぱっている硝子体を取り除くこともあります。

■ 出血を防ぐ、新しい血管が出来ないようにする

糖尿病の三大合併症の一つに「糖尿病網膜症」があります。これは、網膜の細い血管が破れて出血したり、血管が詰まり斑点ができたりすることで、 栄養が不足した網膜に栄養を送るための新しい血管ができるものです。新しい血管は短い期間で作られるため、もろくて出血することが多い血管です。 出血が硝子体に流れ出ると、光が網膜に到達しにくくなるため視力が急激に悪くなり、失明に至る場合もあります。 そこで、血管の障害により酸素不足になっている部分をレーザで焼き固める 「汎網膜光凝固(はんもうまくひかりぎょうこ)」治療が行われます。
また、視細胞が集まっている黄斑(おうはん)部分が障害を受けて視力が低下する 「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」には、新しい血管ができることにより視力が低下するタイプがあります。 この場合、新しい血管をレーザで焼き固めることがあります。


 

3色のレーザを搭載した当社の最新の光凝固装置。 それぞれの波長の特性を活かし、疾患にあわせてレーザを使い分けることができます。


視力を矯正する


視力を矯正する方法の一つとして、黒目の表面にある「角膜」を、網膜に焦点を結ぶように削る手術があります。これを、屈折矯正手術といいます。 また、屈折矯正手術の術式の一つに、LASIK(レーシック)があります。これは、角膜の表面を薄く削って「フラップ」とよばれるフタを作り、 角膜をレーザで削った後にフラップを元に戻すものです。


 

当社のエキシマレーザ角膜手術装置は、国内生産されている唯一のレーザです。

ページの先頭へ