Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 一般の皆さまへ
  3. > ニデックのご紹介
  4. > 「学ぶ」ニデック
  5. > 眼を補う

ニデックのご紹介

眼を補う

眼の状態を知るためには、眼に関するさまざまな情報が必要です。
これらの情報を得るために、器械を使って調べます。

レンズを測る


 

現在かけている眼鏡レンズの度数や、新しく作る眼鏡レンズの度数を測ります。

視力・屈折力を測る


 

視力を測り、どの度数の眼鏡レンズで強制するか調べます。

1.視力検査:実際の見え方を視標で測る
2.屈折力検査:屈折の度合いを赤外光で測る

フレームを測る


 

フレームの形に合わせて眼鏡レンズを削ります。また、職人技に頼っていた眼鏡レンズへの穴あけも機械でできるようになりました。

レンズを測る

レンズには、いろいろな度数が入っているものもあり、レンズ自体を測ってその特徴を知ることはメガネ作りには欠かせない工程です。 現在かけているメガネレンズの屈折度数や乱視軸*1の方向を測ったり、新しくメガネを作る際に、これから加工するメガネレンズの 光学中心*2や乱視軸を探して印をつけたりします。
最新のオートレンズメーターでは、測定が難しかった累進レンズ*3の測定が正確・スピーディーにでき、また、UV(紫外線) 透過率を測定することができます。

*1 乱視軸:乱視は、角膜や水晶体のゆがみによって起こります。そのゆがみ方によって、ゆがみが無い基準値と比較し、見え方に違い(方向)ができます。
乱視軸とは、屈折の方向を角度で表すもので、屈折の弱い方向を軸とします。 乱視軸によって、乱視は「直乱視」「倒乱視」「斜乱視」に分けられます。

直乱視=乱視軸が水平に近い場合
倒乱視=乱視軸が垂直に近い場合
斜乱視=乱視軸が斜めの場合

*2 光学中心:レンズ上で光学的な中心となるところ。メガネを作成するときには、瞳孔と光学中心をあわせる必要があります。

*3 累進レンズ:一般的には「境目の無い遠近両用めがね」といわれるもので、 レンズの上方に遠くを見る部分があり、徐々に度数を変化させ、下方に手元を見る部分があるように設計されたレンズです。


視力を測る


眼科に行くと、多くの方が次の2つの検査を診察前に受けます。それぞれ、どのような検査なのでしょうか。

■ 視力検査: 実際の見え方を視標で測る

「ランドルト環」と呼ばれるアルファベットの「C」に似た環(視標)を見て、どの方向に切れ目があるかを確認しながら視力を測ります。
視標には、ランドルト環だけではなく、絵や文字、数字、記号、赤や緑の背景に○印が書かれているものなど、たくさんの種類があります。
それぞれに用途があり、小さな子どもさん向けの絵や、メガネレンズの矯正具合を測るもの、両眼でバランスよくものを見ているかを調べるものなど使い分けをします。

■ 屈折力検査: 屈折の度合いを赤外光で測る

私たちは、外から入ってくる光を眼の奥にある網膜の細胞が電気信号として脳に伝え、映像を作り出します。
物をはっきりと見るためには、ピントが網膜の上に合っていなければなりません。
しかし、網膜より手前、あるいは後ろにピントがあってしまうと、ものがぼやけてみえます。
これは、光の屈折の度合いが違うためで、一般的には近視・遠視・乱視と言われています。
検査の原理は、赤外光を鏡で反射させて網膜に当てます。網膜にあたって反射した光を集めて円形のリングにして、 あらかじめ器械で計算したおいた理想の円形と、 測ったリングの形と比較して、眼の持っている屈折度数を計算するものです。
この数値をもとに、視力矯正に必要なメガネ等の度数を計算します。


 

視力表も液晶の時代です。 当社はいち早く液晶視力表を発売しました。


 

この「気球の絵」を検査で見たことはありませんか? これは、視線を一点に集めて測定しやすくするもので、当社製品に使用しているものです。


レンズを選ぶ・削る


レンズや眼の検査の結果をもとに、どのレンズが良いかを決めていきます。
レンズを選ぶには、何枚も組み合わせて見え方を確認していきます。
自動でレンズの組み合わせを選択するものもあります。

眼鏡フレーム形状読み込み・レンズ加工

好みの眼鏡フレームを選んだ後、その形状通りに正確にメガネレンズを削ります。
昔は手作業でしたが、現在は自動でフレーム形状を読み込み、 その形通りに削っていきます。
2ポイントフレーム(レンズに穴をあけて固定するタイプ)の穴明けは、機械化が難しいと言われていましたが、 現在では機械化されています。


 

フレームの形にあわせてメガネレンズを削ります。 また、職人技に頼っていたメガネレンズへの穴あけも機械でできるようになりました。

ページの先頭へ