Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > 眼科医療分野
  4. > 検査機器
  5. > 角膜形状/屈折力解析装置
  6. > 角膜形状/屈折力解析装置 OPD-Scan® lll
眼科医療

角膜形状/屈折力解析装置
OPD-Scan® lll

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

角膜形状/屈折力解析装置
  • 角膜形状/屈折力解析装置
  • 角膜形状/屈折力解析装置

インフォ・キャッチャー

特長

  • 角膜形状(トポ)と屈折度(レフ)分布を測定
  • ウェーブフロントマップ・PSF・ゼルニケグラフなど、眼球全体の各種解析も可能
  • 見づらさの要因を、角膜かそれ以外の部位かで把握し、要因を定量的に表現
  • 見え方シミュレーション機能と徹照像は、インフォームドコンセントに有用
  • 角膜形状ナビゲーションソフトウェアにより、スクリーニング判定をサポート
  • 測定領域が広がり、測定ポイントも増えたことで、より正確でわかりやすい情報を取得可能
  • オールインワンのコンパクトデザイン

機能・性能

角膜形状(トポ)と屈折度(レフ)数分布を同時に測定が可能

広範囲な領域で測定された情報をウェーブフロント解析することで、見づらさの要因を把握できます。 また、“見え方シミュレーション”は、患者様へのインフォームドコンセントに有用です。


 


症例に合わせたさまざまなサマリー表示


<Overview サマリー>

被検眼の情報を、全眼 / 角膜 / 眼内の3つの部位に分け、それぞれに関する特徴的な情報をまとめて簡単に確認できるサマリーです。


 


<Toric IOL サマリー>


術前: トーリック眼内レンズの挿入位置に関する術前参考情報の提供ができます。
術後: 角膜強主経線(赤線)に対して、トーリック眼内レンズの軸が正しい位置に挿入できたか確認でき、患者様にわかりやすく説明できます。

※ 測定時には散瞳が必要となります。


 

<Optical Quality>


見え方を多角的にシミュレーションします。


 

※本サマリーは、Dr.Gatinelとの共同開発により作成されております


<Corneal Navigator>


角膜形状ナビゲーションソフトウェア(Corneal Navigator)により、角膜スクリーニングをサポート

角膜形状の特徴を表す各種インデックスを計算し、ニューラル・ネットワークにインプットすることで、 8種類の角膜症状に分類することが可能です。


 

オールインワンのコンパクトデザイン


CPUを内蔵しているため、パソコンを外部接続する必要がありません。また、測定から解析まで1台でおこなうことが可能です。
接続の手間、設置場所を大幅に節約することができます。

※オプションソフトは別に外部接続パソコンが必要です。

チルト付き大型10.4インチタッチパネル搭載カラー液晶モニター

タッチパネルで患者情報(患者名、IDなど)を登録可能です。
チルト機構を使用すれば、立って測定する場合でもモニターが見やすく、操作が容易です。

白内障手術サポートソフトウェア IOL-Station(オプション)


 
IOL-Station
希望小売価格¥100,000(パソコンは商品構成に含まれておりません)

マップ表示・解析&データ管理ソフトウェア Advance(オプション)

複数の患者データを集計する機能を搭載


 


Advance
希望小売価格¥300,000(パソコンは商品構成に含まれておりません)
販売名 角膜形状/屈折力解析装置 OPD-Scan lll
機器分類 一般医療機器
番号 23B1X00023000135

関連製品

お問い合わせ

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

ページの先頭へ