Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

  1. ホーム
  2. > 製品情報
  3. > 眼科医療分野
  4. > 検査機器
  5. > 光干渉式眼軸長測定装置
  6. > 光干渉式眼軸長測定装置 AL-Scan
眼科医療

光干渉式眼軸長測定装置
AL-Scan

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として当社の医療向け製品情報を提供しております。
国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

 光干渉式眼軸長測定装置
  •  光干渉式眼軸長測定装置
  •  光干渉式眼軸長測定装置
  •  光干渉式眼軸長測定装置
  •  光干渉式眼軸長測定装置

Three in One + New Functions
3つの基本モードを備えさらに独自の新機能を搭載

特長

  • 光学式測定、超音波測定、IOL度数計算の3つの基本モードを搭載(※製品構成によって異なります)
  • 測定開始からIOL度数計算まで、スムーズな操作を実現
  • トーリックアシストでランドマークとケラト軸の角度差を高い精度で確認可能
  • Φ2.4mmとΦ3.3mmのケラト値を測定
  • Haigis式に必要な前房深度(ACD)や、角膜厚を光学式で測定可能
  • マルチフォーカルIOLに必要な瞳孔径を測定

機能・性能

Three in One + New Functions

※製品構成によって異なります


 

光学式測定モード

簡単測定

測定開始からIOL度数計算結果の印刷まで、簡単操作でスムーズな測定がおこなえます。

3Dオートトラッキング&オート測定

3Dオートトラッキングにより、角膜中心部を捉えて自動で測定するため、測定値のバラツキを少なくします。

複数回の測定可能

低出力のSLD光源を採用し、測定の難しい患者に対して繰り返し測定することが可能です(1日の測定回数の制限はありません)。


 

 

撮影動画


超音波測定モード


Aモード測定、パキメトリー測定がおこなえます。 (※製品構成によって異なります。)
成熟した白内障眼は、光学式では測定できない場合があり、超音波眼軸長測定が有用です。

Aモード測定画面


 

パキメトリー測定画面


 

Camellion-Caloss式を用いる場合、周辺角膜圧の測定に有用です。

 



IOL度数計算モード


充実のIOL度数計算機能

眼軸長やケラト値などの測定結果がそのまま適用されるため、手入力の必要がありません。
短眼軸・長眼軸にあわせて使用する計算式を自動選択する機能を装備しています。
また、光学式と超音波で測定した眼軸長値の測定方式による違いを補正するためのオフセットを設定することが可能です。
A定数が超音波対応の場合、オフセットの値を光学式測定の眼軸長値に加え、
超音波測定での値に補正してIOL度数計算をおこなうことが可能です。


 

IOL度数計算画面


A定数

術後の屈折誤差を入力することで、パーソナルA定数を作成します。

LASIK眼のIOL度数計算

LASIKなど、屈折矯正手術歴のある患者眼のIOL度数計算にはCamellin-Calossi式、Shammas-PL式が使用可能です。

多数のIOL計算式搭載

SRK、SRK II、SRK/T、Holladay 1、Hoffer Q、Binkhorst、Camellin-Calossi、Haigis、Shammas-PL、高良* *オプション


 

IOL設定画面(光学式)


 

IOL設定画面(超音波式)

IOL30種類の登録が可能です


トーリックアシスト


トーリックIOL挿入に重要となる乱視軸を前眼部観察画像に重ねて表示します。
ランドマークとケラト軸が同時観察できるため、ランドマークとケラト軸の角度差を高い精度で確認することができます。


 

ダブルリングケラト測定


Φ2.4mmとΦ3.3mmのケラト値を測定します。 眼軸長測定方式とA定数タイプ(光学式対応と超音波対応)によって、どのケラト値を用いるか自動的に選択してIOL度数計算が行われます。



前眼部測定機能


前房深度測定・角膜厚測定

Haigis式に必要なACD(前房深度)を測定します。



瞳孔径測定・角膜径測定

マルチフォーカルIOLに必要な瞳孔径を測定します。




ユーザビリティー


3Dオートトラッキング&オート測定

上下・左右・前後方向で自動追尾し、より適した位置で自動測定を開始します。

チルト付き大型8.4インチタッチパネル搭載カラー液晶モニター

タッチパネルで、患者情報(患者名・IDなど)を登録可能です。
チルト機構を使用すれば、立って測定する場合でもモニターが見やすく、操作が容易です。

イージーローディング&オートカッター

簡単でスピーディーなプリンター用紙交換作業が可能です。
プリントアウト後、用紙は一部を残して自動的にカットされます。

検査データをネットワークへ転送

画像ファイリングソフトウェア NAVIS-EXへデータを転送することで、容量の制限なく測定データを保存可能です。
(ただし、データ数はパソコンの保存領域量に依存します)。また、保存した測定データでIOL度数の再計算が可能になります。

医療情報システム NAVIS-AZU、診療所向け電子カルテシステム NAVIS-CLへのデータ転送が可能です。
(他社電子カルテ、ファイリングソフトへのデータ転送については、弊社担当者へご確認ください)

販売名 光干渉式眼軸長測定装置 AL-Scan
機器分類 管理医療機器/特定保守管理医療機器
番号 223AABZX00145000

関連製品

お問い合わせ

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

新しいウィンドウで開きますこの製品に関するお問合せ

お電話でのお問合せは、お近くの営業拠点にて承ります。

国内拠点一覧

ページの先頭へ